診療内容

予約方法

周辺地図

クリニック

お知らせ

現在の更新情報はじめ


現在の更新情報おわり

個人情報保護方針について

ののはな先生のひとりごと

ののはな先生のひとりごとはじめ
八月、葉月
 7月には、線状降水帯という聞き慣れない気象用語による北部九州の集中豪雨があり、人命も含めて大変な被害がでました。 同地区は、5年前にも何十年に一度という集中豪雨による被害があったばかりでした。 日田の方が、何十年に一度と云われたのに、5年でこんな豪雨にあうとはと云っておられました。 自然災害は、訴えていく処がなく、自分で全部受け入れざるを得ません。 どうしたらよいのでしょうか。 全て地球温暖化の為として、よいのでしょうか。 その後も愛知、秋田にも集中豪雨があり、日本各地どこでも被害が生じうる状況です。 備えあれば憂いなしということわざもありますが、どんな備えをしたらよいのか、見当もつきません。
 クリニックでは、子ども達の感染症は、全国的に大流行の手足口病を初め、ヘルパンギーナ等、夏かぜのウイルス感染症があります。 又、早くもRSウイルス感染症にり患したという子どもさんもおられました。 RSウイルスは急性中耳炎を併発しやすいので要注意です。 昨夏は、手足口病が殆どなかっただけに、ウイルス流行が年により、こんなに違うのかと考えさせられます。
 湿気の多い暑さは日本の夏の特徴です。上手に水分補給して、体力低下が生じない様に夏を乗り切りましょう。
ののはな先生のひとりごとおわり

スタッフだより

スタッフだよりはじめ
 8月に入っても、暑い日が続きますね。
昔は、お盆の頃になると、少し暑さも和らぎ…のはずだったのですが、年々暑さは長引くばかりです。
そんな中、我が家では盆前になると、提燈が出て幻想的な光が仏間を照らし、義母が迎え盆、送り盆といって、団子を仏壇にお供えします。 おすそ分けで私達にも持ってくるのですが、昔は、この暑い時期に団子なんてと思ったものでしたが、自分も年とってくると、昔からの大事な風習だから、 私も子ども達に伝えないといけないと想う様になりました。
 皆様も、夏休み、海や山、旅行などで忙しいと思いますが、それぞれのお盆、ご先祖様のこと、考えてみてはいかがですが。
スタッフだよりおわり

新刊お知らせ

新刊お知らせはじめ
 院長が分担執筆しています。 
P211-213 アレルギー性鼻炎
総合小児医療カンパニアシリーズ
小児科外来 薬の処方プラクティス
総編集:田原卓浩
専門編集:宮田章子 - 中山書店 2016年12月刊
 院長が執筆しています。
Monthly Book ENTONI(エントーニ) No.194
 原渕保明/編 - 全日本病院出版会 2016年6月刊
小児急性中耳炎
―起炎菌による治療方針,鼓膜切開術・鼓膜チューブ挿入術のタイミングについて―
 院長が分担執筆しています。
小児看護 Vol.38 No.4 APRIL 2015
 - へるす出版
 院長が分担執筆を行った書籍が新たに刊行されました。
P60-P61 中耳炎を耳鼻咽喉科に依頼すべき症例は、どのような症例ですか?
プライマリ・ケアの感染症 身近な疑問に答えるQ&A
総編集・田原 卓浩
専門編集・黒崎 知道 - (株)中山書店
 2冊に、院長が執筆しています。
Monthly Book ENTONI(エントーニ) No.142
 杉田麟也/編 - 全日本病院出版会
Journal of Integrated Medicine Vol.22 No.7 2012
 - 医学書院
 JOHNS26巻9号(9月増大号)に、院長が文担執筆しています。
JOHNS26巻9号(9月増大号)
特集:お母さんへの回答マニュアル耳鼻咽喉科Q&A2010 - (株)東京医学社
 院長が分担執筆を行った書籍が新たに刊行されました。
急性中耳炎の治療のコツ
 山中 昇 編 - 金原出版(株)
 2冊を、院長が分担執筆しています。
急性中耳炎治療入門
 山中 昇 編 - 金原出版(株)
小児耳鼻咽喉科治療方針
 日本小児耳鼻咽喉科学会 編 - 金原出版(株)
新刊お知らせおわり